« なんだこの生き物は | トップページ | まさかねぇ »

2005年11月16日 (水)

紅天女

紅天女(byガラスの仮面)が能で舞台化されるらしいね。

阿古夜(紅天女)役をやるのが

umewaka 

 

 この人だって。

 

 

梅若六郎という人で能の世界ではすごい人らしい。
なにがどうすごいのかは素人にはわかりません。

ん~阿古夜って確か絶世の美女だったよね?
どうなの、これ?
あ、そうか。能ってお面つけるか。
ならオッケー、ってことか。

|

« なんだこの生き物は | トップページ | まさかねぇ »

コメント

うわ〜見てみたい!
でも、能ってイマイチ分からんかったんだよね〜
ただ、あの空気は何か好き。
空気が震える感じ??

紅天女の内容って全く知らんのだけど‥‥
マンガに内容書いてあったっけ?

投稿: 兄貴 | 2005年11月16日 (水) 10:02

紅天女って「ガラスの仮面」オリジナルなん?
ってことはこのおっさんは
北島マヤか姫川亜弓って事やね。
はたまた月影千草??

投稿: fasun | 2005年11月16日 (水) 11:21

このマンガ1975年から連載してるんだね。
ナはじめて読んだの小学生だもんなぁ。
早いとこ話進めてくれんと
美内すずえ死んじゃいそうだ。
こんなに長いこと読んで来たんだから
それだけは勘弁してほしい。
 
>兄貴
マンガの40巻か41巻ぐらいで月影先生が一人芝居
でやってるよ(正確には源三との二人芝居)<紅天女
クライマックスのシーンは秘密っぽいけど。
でも舞台化されたらバレるよねぇ?
 
>fasun
オリジナルらしいよ。
この公演も美内すずえ監修だって。
そんな事しとらんと続き描いてくれんかね。
今んとこ『おっさん=千草』じゃないの?
一蓮に
「紅天女を演れるのは君しかいない!」
って言われてたし。

投稿: きーよん | 2005年11月16日 (水) 13:35

って言うか、美内すずえも、どうしていいかわかんないんだろうね〜。
この舞台見て書こうと思ってんのかな?
子供の頃、家で一人で『姫川亜弓ごっこ』やってた。
バレエのシーン。
このおっさんの舞台見たいな〜。
でも、能はわかんないかな〜。

投稿: りこ | 2005年11月17日 (木) 03:53

>りこ
バカだね~(笑)しかも一人で。
バレエシーンなんかあったかなぁ??
詳細求む。
 
なにも解り難い能でやらなくても
普通の演劇でやればいいのに。
だったらガラスの仮面ファンが続々と
押し寄せると思うんだけどなぁ。
私も行くかも。

投稿: きーよん | 2005年11月17日 (木) 08:59

ガラスの仮面、全巻持ってたんだけど、なかなか先に進まないから、(作者、死んじゃったんだな)と勝手に解釈して、古本屋に売ってしまった。今となっては残念な事したな〜。
バレエシーンは、たしか初めの頃かな。2ページ分使ってスローモーションっぽく描かれてた。

投稿: りこ | 2005年11月17日 (木) 14:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153600/7137981

この記事へのトラックバック一覧です: 紅天女:

« なんだこの生き物は | トップページ | まさかねぇ »