2008年2月13日 (水)

男にも乳首はあるわさ。

コタローちゃんが発病しました。
先日お尻から血が出ているのを確認。
病院へ連れていったところ
お尻からの出血ではなく血尿だという事が判明。
膀胱炎だそうで念のため血液検査。
すると腎臓に負担がかかっているとの事で
3日間の入院となりました。
おちんちんに管を入れっぱなしにして血尿を排出させ
4日目に管を外し自力で排尿が出来るようになれば帰宅できるそうです。
 
今朝面会に行ってきたところ
昨晩はご飯をペロリと平らげたそうで回復に向かっている模様です。
よかった・・・・・・
 
動物病院へ行ったのは初めての事だったのですが
患者(犬猫)の飼い主さんを観察しているとこれがまたなかなか楽しい。
一所懸命飼い猫に話しかけている女性、
飼い犬をほったらかしにして携帯をいじっている男性、
言う事を聞かない飼い犬に振り回されているおばあちゃん・・・
こうして見ると 
動物を連れて来ている飼い主は9割方女性。
まぁ旦那さん達は働きに出かけているのだろうし
当然と言えば当然ですが・・・
私が病院にいる間次から次へと病気の動物が連れて来られる中
男性の飼い主は私より先に来ていた携帯男一人だけでした。
 
中でも一番笑ったのが
シーズー(♂。6ヶ月ぐらいの子犬)、シナモンちゃんを連れてきたおばあちゃん。
初めての来院だったらしい。
他の飼い主がキャリーケースに飼い犬や飼い猫を入れているのを見て
「あらーああいうのが要るのね。
ああいうのあったらそりゃいいわねぇ」と独り言を言ったり
車の中に何か忘れ物をしたらしく
顔見知りでも何でもない多分全然知らない隣の女性(25歳ぐらい)に
「ちょっとごめんね」とリードを渡して出ていったり
見ているだけで面白い。
シナモンちゃんは昨年の年末に娘から譲り受けたとの事。
娘夫婦が市営住宅に移り住んだらしく
飼えなくたったとやらで押し付けられた模様。
「だからまだウチに来たばっかりなのね~」と看護士さんに話していました。
そういう世間話的なものにもいちいち付き合っている看護士さんは
とっても優しいうら若きお嬢さんです。
そしてその後来院の理由を聞いてひっくり返りそうになりました。
 
「今日はシナモンちゃんはどうされました~?」
「あのねぇ、お腹のね、ここんとこにイボがあるでしょう?」
 
と抱きかかえシナモンちゃんのお腹をみせる。
 
「このイボをねぇ・・・」
「えーと・・・・・これは、乳首ですね」
「えっ?乳首?でもいくつもあるでしょう?」
「そうですね、ワンちゃんの場合は・・・」
「(人の話を最後まで聞かない)この子、オスなんけどねぇ」
「男の子もちゃんと何個かありますよ~」
「あら、そうなの?そんでね、このイボをね、しぶるのね」
 
しぶる・・・・・?
 
「あ、舐めるんですね」
 
あぁ、しぶるって舐めるって事なのか。
 
「そうなの。そんでね、このイボをね、(イボじゃなくて乳首だろ)
  取ってもらおうかと思って。」
 
えええええーーーーー!!
とビックリしてそこら辺に座ってた他の飼い主さん達を見たら
みんな同じ顔してた(笑
 
「えーと・・・・・通常乳首を取る、という事はしないんですが・・・
  分かりました(ええっ!?)、一度先生に診て貰って、
  舐めるのを止めさせる方法等をお聞きになって、
  ご相談される、という形でもよろしいでしょうか?」(ホッ。)
「ああ、はいはい」
「それではお呼びしますのでお待ち下さいね」
 
その後男の子でも乳首ってあるのねぇ、
まあ人間でもそうだもんねぇ、と隣のおばさんに話かけていました。
どうもおばあちゃんの中ではイボ=取ってしまうものという図式があるのか
イボが乳首だったという事実はどうでもよく
イボなんだから取ってしまえという考えが勝っている節がある。
 
どうなったのかなぁ、シナモンちゃん。
乳首切られていませんように。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2006年11月 7日 (火)

喋れたらいいのに。(緊急時限定)

美容院で
「眉毛カットさせて頂きますね」と言われるのは
私の手入れが行き届いてないせいか。
それとも
「とりあえずお客さんには全員やる」ものなのか。
どうなんでしょう。
 
昨日のこと。
 
毎朝息子を幼稚園へ送り出す支度をしている間
我が家の愛猫コタローちゃん(♂・6ヶ月)は
リビングから締め出されます。
朝食に手を出したり
「遊ぼうよ~」攻撃が始まるので
息子が支度に集中出来なくなるためです。
 
昨日も締め出された後廊下をウロウロしていたコタローちゃん。
カリカリとドアを引っ掻いたりして
リビングに入りたそうにしていましたが
それどころでは無い私は
息子にご飯を食べさせたり
歯を磨いたり
制服に着替えさせたりと
毎朝と同じことを繰り返していました。
  
とりあえず準備万端整えてホッと一息ついたとき
静かになったコタローちゃんに気がつきました。
「やたらおとなしいなぁ」と思いつつ
部屋に入れてやろうとドアを開けると・・・
 
洗面台の中で今まさにウ○チをし終えたコタローちゃんと
バッチリ目が合ってしまいました。
 
私「・・・・・」
コタロー「・・・・・」
 
恥ずかしそうに私の顔を見上げるコタローちゃん。
急いでそこから飛び降りようとするコタローちゃんをわっしと摑まえて
四肢を確認。
両前足、両後足には
ベッタリとウ○チが・・・嗚呼・・・・・・・・・
 
あと5分!
幼稚園の迎えが来るまで
あと5分しかないよ~
 
泣きそうになりながらコタローをしっかり押さえつけ
シャーッ!!と言われて噛み付かれながらも
なんとか拭き取って放心状態。
 
ごめんよ。コタローちゃん。
あんただってあんな所で用を足したくなかったよね。
「ウ○チがしたいよ~」って言えればお互い楽なのにね。
 
猫や犬を家の中でお飼いの方は
お気をつけあれ。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年8月21日 (月)

思いっきり吸い込め。

フレーメン反応って知ってます?
たまに猫が匂いをかいで
口を半開きにして
こんな顔するときがあります。
 
くっさ~!
 
 
でも実は「くさいから」こんな顔をするのではないそうで。
猫の口の中にあるヤコブソン器官という箇所をもっとよく晒して
より多くの臭い物質を取り入れようとしているんだそうだ。
これはフェロモンを分析しているのだそうで
これによって相手の猫がどのような状況にあるか確かめているらしい。
 
要するに
「臭いをしっかり噛み締め中」
ちゅーことですな。
 
しかし人間から見たら
「くっさ~!」と言っているとしか思えないあの顔。
コタローのフレーメン顔が見たいがために
旦那の足の臭いを嗅がせてみたりもしましたが
結局無駄に終わりました。
以前飼っていた猫のことを思い浮かべつつ
「どんな時にあんな顔してたかなぁ」と
記憶の糸を辿ってみましたが思い出せず。
 
が。
今朝、思いがけずコタローのフレーメン顔を目の当たりに。
久々に見たよ~。
あ~何回見ても笑えるわ~
 
一体何に反応したのかと言うと・・・
 
息子の寝起きのオムツでした。
(息子は幼稚園児ですが寝るときはオムツを履かせています)
あんなものに「フェロモン」を感じたコタローちゃん。
いいのか!?コタローちゃん!!

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

猫はお日様の匂いがする。

コタローちゃんはすくすくと育ち
最近息子ととっても仲良しです。
 
 
Chibitokotarou  
 
 
 
 
 ←ちびが寝てると
   必ず寄り添います。 
 
 
 
 
 
 
 
先日ネットで何気なく猫について色々調べていたのですが
酷い話発見。
サイドビジネスで繁殖を行っている人が
生後1ヶ月の子猫に風邪をひかせてしまい
売り物にならなくなったとかで飼育放棄したとか。
その子猫を引き取った方が
病気のため癒着した子猫の左目を手術してもらい治療し
里親探しをしていました。
飼育放棄って・・・
 
旦那が先日言っていた言葉。
「ブリーダーの人ってさぁ、本当に犬や猫が好きなのかなぁ。」
 
もちろん全てのブリーダーの方が悪質だとは言いませんが
中には酷い人もいるようですね。
 
悪質猫ブリーダー
 

今回のウチのコタローを貰い受けるとき
ブリーダーの方が言った言葉を思い出しました。
 
「この子、片目(左目)にアイラインが無いからねぇ」
 
 
Kotarou

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うーん。確かに。でも
 
それが何か?
 
 

関係ないけどコタローの額部分の柄が
「前髪半分切り過ぎたみたい」な感じで
とても気に入っています。
かわいいっしょ?(笑 ←飼い主バカ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年7月31日 (月)

いらっしゃい。

Kotarou01  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ふとしたことがきっかけで
我が家に子猫がやってきました。
 
メインクーンの♂、2代目コタローちゃんです。
オスなのでコタローくんだろうけど
呼び慣れているのでちゃんづけで行かせて貰います。
これからもどうぞよろしく。
 
「猫、飼いたいなぁ~あ~猫、猫~」と言いながら
この家に住んでいる私以外の義父、義母、旦那 全員が
「猫が好きではない」という理由で
なんとなく諦めていたのですが
もう、写真見ちゃったら駄目ね。
「里親探しています」なんて言われたら
こりゃ動くしかないでしょう。
というわけで
旦那はなんとか丸め込み
ついでに一番反対しそうな義父にも旦那から頼んで貰い
残った義母には伝わっていたのか伝わっていなかったのか
よく分かりませんが強引に「猫飼います」作戦を決行。
既に旦那は「猫好き」になりつつあります。
 
「動物を飼うということは大変なことなんだよ。
子供を育てるのと一緒だよ!!」
という実母の言葉を深くかみ締め
頑張ります。
   
協力してくれた兄貴姉妹、フミフェチさん、
どうもありがとう。あ、そして旦那もね。(笑
本当に色々とお世話になりました。
 
りこん家も「コタローちゃん」だったね。
ややこしいけどよろしくね。

| | コメント (11) | トラックバック (0)