2009年3月 9日 (月)

お食事中の方はご注意を。

歌を歌ったり
卒園式の練習をしたり
(ハイ!と大きな返事の練習)
お気に入りの「魔女の宅急便」のセリフを諳んじたり
(声色を変えて一人で全役)
トイレに篭るととにかくやかましい息子。
今回はなにやら叫んでいる。
毎度の事なので放ったらかしにしておいたら
トイレから飛び出して来て血相を変えてこう言った。
 
「ありえないウ○チが出た!
ウマが出た!」

 
ウマ・・・・・?
 
他人のウ○チなんて見たくないが
まぁ息子のなのでね。
当然見に行く。
 
ウマだ!ウマだよ!!
思わず私も叫んだ。
まさに馬の形のウ○チがプカリと浮かんでいる。
 
私「ウマだねぇ、これ」
息「ウマだよね?ほら、これが顔だよね?」
と件のウ○チを眺めながらひとしきり喋った後
もう終わり?終わりなら流しなさい、と言うと
「えーーーっ?
だって、お馬さんが・・・流れてっちゃうよ!死んじゃうよ!」と拒否。
そりゃそうだ。
今の今まで「ウマだねぇ・・・」と話し合ってたんだもの。
 
実はこれは馬じゃなくて馬の形をしたウ○チなんだ生きてないんだ
だから流しても死なないんだ
と説明しながらもうおかしくって。
私、何の説明をしてるんだ?と。
 
納得行ってない様子だったが息子も最終的には
「お馬さぁーん!バイバイーーー!
またねーーー!」
と言いながら流していた。
息子よ、一言言っておく。
また会う事は無いと思うぞ。
 
子供ってホント馬鹿馬鹿しくて可笑しい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

さようなら、そして・・・

トイレ(大)の後、流すとき
必ずウ○チに向かって「バイバイ~」と手を振る息子。
 
先日は手を振りながら
「ありがとね~バイバイ~」
と言っていた。
 
何に対するお礼なのか?
 
 
子供っておもろい。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

ヤブイヌだったらいるけどね。

今朝息子と動物園の話になった。
「トラを見た事がない」と言うので
もっと小さいときに動物園に行った事があるから
見ているはずだよ、と言うと
「見たことない!(つまり覚えていない)だから動物園に行きたい!」と。
そうだなぁ、そろそろ記憶にも残る年頃だろうし
連れて行ったら面白いかな・・・と思いながら
「何が見たいの?」と聞くと
「ウサギ!!」と元気に答えた。
ウ、ウサギ?
私としてはライオンだとかコアラだとかペンギンだとかキリンだとか
そういう答えが返って来るもんだと思っていたのだが
いや~そういえば子供って予想外の返答をする生き物だったね。
思わず爆笑してしまった。
 
私「ウサギて・・・(笑 ウサギでいいの?」
息「えっと、じゃあ、ネズミ!!」
私「えーーーーっ!ネズミは・・・動物園にいるかなぁ・・・」
息「いないの?じゃあネコは?」
私「ネコて(笑 それもいないと思うなぁ」
息「イヌは?」
私「・・・・・いないよ」
 
どうも動物園というものをペットショップのようなもの思っている模様。
「動物園にはね~、サイもいるよ」と言うと
「サイって何?」と来た。
こりゃいかん。
マジで連れていかねば。
一緒に行ってくれる人、連絡待ってます。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

おかあさんのにおい。

「おかあさん」って童謡知ってますか?
 
おかあさん
なあに
おかあさんて いいにおい
せんたくしていた においでしょ
しゃぼんのあわの においでしょ

おかあさん
なあに
おかあさんて いいにおい
おりょうりしていた においでしょ
たまごやきの においでしょ
 
この間ウチの息子が替え歌にして歌ってました。
 
ステーキのにおいでしょ」と・・・
 
私は思いっきり肉食です。
野菜や魚より
肉、肉、肉!の人間です。
 
やっぱ肉のにおいがするんだろか・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

昼の月。

まだ日も暮れぬ明るいうちに見える月がある。
その名もずばり「昼の月」と言うそうだ。
見えてはいても存在感の希薄な月をそう呼ぶらしい。
 
先日幼稚園からの帰り道
「昼の月」を見上げた息子が言った。
 
「お月様と一緒に歩いてる」
 
その言葉を聞いてハッとした。
自分も幼い頃感じた事。
太陽や月は歩いても走っても追いかけて来る。
何故自分について来るんだろう・・・
 
大人になってすっかり忘れてたなぁ。
子供と一緒にいると
思いがけず昔の自分に出会えて嬉しい。 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

お前の目は節穴だ。

ゆりよ、更新遅れててごめんなさい(笑
面白い事があると「日記に書こう~」とか思うんだけど
次の瞬間忘れちゃったりするのよね。
やっぱメモっとかなきゃ駄目ね。
メモる事自体忘れちゃうんだけどさ。
 
さて。
 
最近ソフトバンクの携帯のCMに
ブラッド・ピットが出てますね。
キャメロン・ディアスと言い、
金持ってんなぁ。ソフトバンク。
 
ブラッド・ピットバージョンの方を初めてテレビで見たとき
何を思ったのか横で見ていた息子が
「とうちゃん!」
と叫びました。
 
な、な、何だと?
今、何と仰いました?
 
とても嬉しそうに画面を見つめる息子に
「とうちゃんって・・・誰が?この人?」
と問いかけると
もんのすごい笑顔で
「とうちゃんだ!」
と。

おいおいおいおいおい。
お前の目は節穴か。
  
夜になって帰宅した旦那にこの旨を伝えると
「お前は良い子だね~
今度おもちゃ買ってあげようね」と上機嫌。
なんで褒められてんだかは理解出来ないが
父ちゃんに褒められた事自体がとても嬉しい様子の息子。
し、幸せな親子だなぁ。
 
それからは件のCMを見る度に
旦那を喜ばせる為に
「とうちゃん、とうちゃん!」と言っています。
既に似ているとか似ていないとかの問題ではなく
喜ばせたいだけ。
こうなるとつまんないんだよな。
 
言うまでもありませんがうちの旦那は
ブラッド・ピットにこれっぽっちも似ていません。
最初のあのインスピレーションは一体何だったのだろう。 
 
何だか心配になって来た。
将来ブッサイクな嫁さんを連れて来ませんように。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

予感らしきもの。

5年前、息子を身籠ったときに
産婦人科へ行ったら「もうすぐ4ヶ月ですよ」と言われ
そ、そこまで気がつかぬか・・・と
友人に呆れられた私。 
 
今回はごくごく初期のうちに気がついた訳ですが
これには理由があります。
 
幼稚園の終業式を終え夏休みに突入した日
息子が一枚の絵を持って帰って来ました。
そこには4人家族の絵が描かれていました。
 
不思議に思い息子に尋ねてみると
 
「これはとうちゃん。
これはかっか(私)。
これはたつ(自分)。
これは赤ちゃん。」
 
私「赤ちゃん?ウチに赤ちゃんはいないでしょう」
息「いるよー」
私「いないよー」
息「いるよー」
 
 
 
Casio09  
  ←問題の絵。
    一番下の小さいのが
   「赤ちゃん」らしい。
   その隣の髪を縛っている(笑 のが
   私らしい。
 
 
 
 
 
 
旦那にこの話をすると
「多分友達が赤ちゃんの絵を描いていたから
真似したんじゃないか?」と夢の無いことを言う。
 
私自身は半信半疑というか
「これでデキてたら子供の直感って凄いなー」
と思いながら
「もしかして・・・」と
ちょっと期待もしていたりして。
 
厳密に言えばこの絵を描いたのがいつかは知りませんが
もうちょっと前だったと思うので
まだ妊娠はしていなかったと思うのですが
なんらかの予感があったんでしょうかね。
  
そういえば前回妊娠しているときに
「男の子かな?女の子かな?」と
姉の娘(姪っ子。当時2歳。)に尋ねてみると
即座に「青」と言いました。
青って男ってことだよね?と姉と話していたのですが
まさにその通り。
 
子供って・・・子供って・・・
怖いね。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

成長、成長。

あーーー、やっとだよ。
やっと息子がトイレでウン○出来るようになったよ。
 
近頃の子育てでは
オムツを早く取るのが偉いとでもいうように
(いや、取れないよりは取れた方が偉いんだろうけど)
1歳半で取れただの2歳で取れただの
よく自慢話を耳にしたもんです。
 
覚えの早い子もいれば
ゆっくり型の子もいるわけで
中には嫌がる子供を無理矢理トイレに連れていって
何度も何度も失敗して
長い時間かけてようやくオムツが取れた
という人もいます。(よく聞く話)
これって、親も子供もストレス溜まると思うんだけどなぁ。
 
言い訳終了。
 
ま、自分が根気が無いというのもあるんですが
「そのうち取れるさ」と暢気にかまえて
今までは放ったらかしの状態でした。
 
とりあえず幼稚園に入園するまでに
オシッコだけでも出来るようになってくれたらなんとかなると
今年に入ってようやくオシッコの練習をしたら
あっという間に出来るようになりました。
 
「やっぱり、言葉を理解する年頃になった方が
教えるのも楽だわね」
と自分の怠慢は棚に上げて
これで紙オムツの使用量も大幅に減る・・・と喜んでいました。
 
ところが入園してからも
ウン○の方はもよおしてくると
自分でオムツを引っ張り出してきて
履き替えて用を足すという知恵が付いてしまい
タイミングを逃していました。
 
「トイレでウン○してみる~?」
「デキナイモーン」
の繰り返しでさっさとオムツに履き替える息子・・・
これは夏休み中にどうにかせねばと
重い腰を上げた私。よっこらしょっと。
 
とりあえず猫がウン○しているのを見ていた息子に
「すごいねーコタローちゃんはトイレでウン○してるねー」と
煽ってみた。
こっそり観察していると思いがけずほんのちょっぴりやる気が。
よっぽど悔しかったと見える。
 
それでも出来ないだの明日にするだの
なにかと言い訳をしていましたが
(本当は何かと引き換えにすることはやっちゃいけないけど)
「トイレでウン○出来たらパソコンでゲームしてもいいよ」
と言ってみた。
 
するとどうでしょう。
自らパンツを脱いでおまるに跨って
ウン○をし始めた息子。
大成功!!
息子も「(帰ってきたら)とうちゃんに出来たよーって言うね!」と大喜び。
これが3日前の話。
 
一昨日はおまるでウン○出来るようになったのが嬉しかったらしく
お腹が痛くなってくると自分で勝手におまるに跨って
きちんと用を足していました。
 
そして昨日。
いいかげん(2日しか経ってないっつーの)
おまるの掃除がイヤになった私は
「今度は(本物の)トイレでやってみようか?」
と言ってみた。
「デキナーイ」
と息子。
(またもや)「出来たらパソコンで・・・」
と物でつってみるとこれまた大成功!
正味3日間で完了致しました。
 
本人もよっぽど嬉しかったらしく
「スゴイデショ?デキタヨー!」としつこいぐらい自慢してます。 
 
これでまた一歩「人間」に近づきました。
がんばれ!息子よ!
まだまだ道のりは遠いぞ!!

| | コメント (13) | トラックバック (0)